【イベントレポート特別養護老人ホーム夢の箱①】恒例 夏の納涼祭!! レクリエーション介護士の卵たちが企画しました♪

2014年8月30日(土)特別養護老人ホーム「夢の箱」高齢の夏のイベント「納涼祭」が開催されました。「夢の箱」では現在レクリエーション介護士の団体研修を取り入れており、今回行われる納涼祭の企画から計画、実行までをこの団体研修を受けているレク委員会のメンバーが行いました。
レクリエーション介護士としての初イベントということで私も取材にお伺いしました。

大阪市生野区、JR桃谷駅から10分程度歩くと夏祭りでよく聞く「だんじり」の音が聞こえてきまし  た。
「もう始まっているのかな?」とドキドキしながら施設へ向かいます。

歩いていると、住宅地の中に大きな10階建ての建物が見えてきました。
こちらが「夢の箱」。納涼祭の会場です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

近づくとともに大きくなる太鼓と鐘の音とともに、だんじりが玄関先で出迎えてくれました。

 

 

「夢の箱」の納涼祭は入所者様とそのご家族、また地域の方も一緒に参加できるイベント。
建物の中に入ると浴衣を着たスタッフの方が、屋台やゲームなど出店を用意しています。

続々と入所者様とご家族の方、地域の方が来られ、「何が始まるのかなぁ~」と、周りを見渡しています。

浴衣を着司会スタッフたスタッフの方がマイクを持って、開催の挨拶。

いよいよスタートです。

出店はかき氷屋、ミルクせんべい、ヨーヨー釣り、長寿のお守り作りなど。

かき氷屋では地域のボランティアさんにお手伝いにきていただき、入所者様には出来上がったカキ氷をお渡しするのではなくシロップを選んでいただき、ご家族の方が氷にシロップをかけていただいてます。

ゲームではご家族と協力して点数を稼ぎ、ミルクせんべいを勝ち取りにいきます。ヨーヨー釣りではご家族の方と一緒に釣り棒を持ち糸が切れるか切れないかのスリルを感じながらご一緒に楽しんでいただいてます。

長寿のお守り作りではボランティアさんやご家族と一緒に「ここやで~」とお話をしながら創作に取り組んでいただきました。

どのコーナーもご家族の方と一緒に取組んでいる姿が印象的で、ご入所様の楽しそうな笑顔が沢山見ることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

今回の納涼祭について、本部長の川西さんから少しお話を伺いました。
「実は、今までの納涼祭ではどうしても、スタッフ側が配る、渡す、などの体制になりがちで、
入所者様が自ら選び、購入することがあまりできなかったのです。今回は入所者様が自ら選ぶことができるように工夫をし、『地域住民とご利用者様、ご利用者様のご家族とのふれあい』というコンセプトを盛り込みました。」

確かに、ご入居者様ご家族の方が一緒に取り組んでいる姿が、とても印象的でした。
ご自身で選ぶことで喜びが生まれ、またゲームや創作では同じ目的を一緒に取り組むことで家族との触れ合いに繋がる。

そのスタッフの方の工夫や優しい気持ちが入所者様やご家族の笑顔を生むんだなぁ~と改めて感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

さてこうしているうちに、外が段々と騒がしくなり、だんじりの音が響き渡ります。
みなさんも外に集まってきました。
少しムシムシした空気が風となり、太鼓と鐘の音がより夏を感じさせてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

入所者様も身体を揺らしたり、手で音頭をとったりとリズムにのり、とても楽しそうに夏を感じているご様子でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAして、最後は毎回恒例の河内音頭!!
みなさんで一緒に河内音頭を踊ります。

踊る方、手拍子する方、身体を揺らす方、唄う方、みなさん思い思いの気持ちをのせて盆踊りを楽しんでいます。

たくさんの笑顔の輪を見ることができました。

 

 

納涼祭を終え一番印象的だったのが、盆踊り。
とても優雅で、安心した笑顔がそこにはありました。

この素敵な笑顔はすぐに出てくるものではなく、入所者様が今日開催された納涼祭を、心から楽しむことができた証だと思いました。

そこには、スタッフの方が「誰のために、何のために納涼祭を企画する」ということを根底に置き、企画から準備を進める姿があったからではないかと思います。

納涼祭を終え、入所者様やご家族の方に「今年はどうでしたか?」と質問すると、
とても楽しかったと以前にも増し大好評でした。

まだ夢の箱でのレクリエーション介護士の団体研修はカリキュラムが残っています。
残りの研修を受講して、スタッフの方がどう変化していくかが楽しみです。

社会福祉法人 基弘会 特別養護老人ホーム 夢の箱
http://www.yumenohako.info/

********************************************************************************
引き続き【イベントレポート特別養護老人ホーム夢の箱②】で、なぜ団体研修を受けようと考えたのか?などレクリエーション介護士を取り組んだ背景などを施設長、スタッフの方へのインタビューを公開します~♪♪
********************************************************************************
介護レク広場
http://www.kaigo-rec.com/index.php

無料介護求人サイト“すまいるワーク”
http://www.smile-work.net/

レクリエーション介護士の資格について
http://www.japan-ac.jp/

【介護レク広場スタッフ 担当 木村】

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中