【施設訪問記 BY レク広場スタッフ】 ~社会福祉法人 八寿会 特別養護老人ホーム みどりの園 デイサービス~

この日、取材したみどりの園での「ビストロレク」。終わった時の率直な感想をまず初めに伝えておきたい。

   小学校や野球チームの行事で、みんなの食事を用意する保護者達   を、見たようであった。

 

この日のレクは「ビストロレク」。第1回目で参加ご利用者様がみんなでメニューを決め、それを調理する。

この日のメニューは・・・1

・肉じゃが

・わかめと胡瓜の酢の物

・はんぺんのチーズ挟み焼き

・お吸い物

・ご飯

・メロン

それぞれの利用者様の前に野菜がおかれると、どの方も慣れた手つきで野菜を処理し始める。

三つ葉を処理する方・・・ニンジンを処理する方・・・ジャガイモを処理する方・・・・

包丁を慣れた手つきで扱い、みるみるうちに野菜の下準備が進んでいく。

432

そんな中、ご利用者様同士の会話が聞こえる。

「この人参、堅いからなるべく薄く切った方がいいわね」

「そうね・・・」

作業はなんら止まることもなくスムーズに進んでいく。しかしここはデイサービス。もちろん参加者には認知症の方もいらっしゃれば、車いすをご利用の方もいらっしゃる。

中でも一番重度な方は、普段は意思の疎通もままならず、表情の変化もあまりないとのことでしたが、このレクの最中はとても積極的に参加されている。普段はあまり進まない食も、ここで作ったものは召し上がるのだそうだ。そしてこのご利用者様を傍でフォローしてくださっているのも、またご利用者様。相手の方の状況を十分に理解し、一つ一つ、とても優しくフォローをする姿からは全く垣間見ることはできないが、この方もまた認知症を発症されている。このデイサービスにいらっしゃるまでは、認知症がきっかけで、関わるのを嫌がり外に出ることもなくなっていたとのこと。ひとつひとつの作業に声をかけながら、明るく笑うその姿からは全く想像もできない。

 

鍋がIHコンロの上に置かれると、このレクの企画発案者の吹田さんの声が響く。

「油入れますよ?どのくらいですか?」鍋にぐるりと油を回しいれる。その脇から「もっとよ!」の声。

「え?もっと?」更に入れ・・・・「こんくらい?こんなに入りましたよ~」

平然と「あ、こんくらいよ。いいの、いいの。」とご利用者様。

そのまましばらく、コンロの上に置かれた鍋は忘れられた様に放置。しかし油が温まってきた香りがすると誰からともなく、「さぁ、人参からいれましょう!」と人参の入ったボールを手に取る。

野菜がボールに入っている為に水が切れきれておらず、跳ねる油も想定内。気にすることなく炒め始める。

5 707

そんな中、先ほどの油もそうであったが・・・頃合いになると調味料が入れられる。容器から直接、ドボドボ入れていく。見ていると「え?そんなに?」とも思うが、よく考えると11人前の量。そのくらいの調味料は必要なのである。それを量ることも躊躇することもなく、目分量で入れられる。お酒、みりん、砂糖・・・全ての調味料がそうである。わかめと胡瓜を和える酢を作る時も同様。「わかめと胡瓜がこんだけあるから・・・酢はこんくらいかしらねぇ・・・ちょっと甘めかしら?」既に酢も砂糖も大量で甘めなのかどうかさえ私にはわからない域であるが、「具を入れるとちょっとうすまるからね」と独り言を言いながら、それはそれで出来上がっていく。

 

滞りなく進む作業を見ていると、ご利用者様同士の会話にも耳が傾く。

「家だったらどんどん進めてしまうところだけどねぇ」

「そぉね。でもあの方のやり方もあるでしょうから・・・待ちましょう」

「味はあの方にお任せしましょう」

「お砂糖いれるわよ! どのくらいにするの?」

「ボールだと水が切れないのよ。ザルがあればねぇ・・・」

「まぁ、ここにはないのだから仕方ないわよ。一生懸命してくれているのだから、黙っておきましょう」

この会話こそが、冒頭の、何かの行事で炊き出しをする保護者達に見えたという由縁である。

お互いを立てあい、時には介護士の吹田さんに対しても年長者としての暖かい気配りの言葉が垣間見える。デイサービスがお世話をしてもらいに来る場ではなく、集いの場となる瞬間である。人と関わることの大切さと、その効果の偉大さを改めて実感する。

722 723 724 720

一通りの料理が完成すると、もちろんご利用者様ご自身での盛り付けとなる。きれいに11個に分けていく。こんなにもテキパキとこなしていくのに、家ではもう、料理はしていない。今日こうしてみていて料理が認知症の予防に良いと言われている理由がとてもよくわかる。こうして盛り付ける作業一つでさえも、人数分に・・・おいしそうに・・・と気を配らなければならない事が多くある。では、このようなレクを増やせばいいのだろうか?

確かにそうかもしれないが、こういったレクをするには様々な障害があると一般的には考えられる。例えば包丁を使う。IHコンロを使う。など危険が伴う事も数多くある。しかし、この日のレクを見ている限りまったくそういったことは見受けられない。それはご担当の吹田さんの努力であると私は思う。

 

このレクの予算は、通常のご利用者様の昼食の費用内でまかなわれている。さらに、参加のご利用者様の配置と役割。そしてなにより、このビストロレクの効果を最大限に発揮させるために、どんな些細なことも決定権をご利用者様にゆだねる。決して吹田さんから「次はこれをしてください」などの指示は出さない。「私は何をすればよいですか?」とご利用者様に問いかける。料理を盛る器に至るまで、「この器とこの器、どちらにしますか?」と回答を求める。更に、認知症状のあるご利用者様たちが途中食材などを口に入れない様、幾度となく「あら?奥様方?お口の中にははいってないですか?」と尋ねる。奥様方?と問いかけられたご利用者様達は「あと少しで入りそうだったわ~」などと冗談で返す。料理の入った鍋などを運ぼうとする利用者様を止める際は、「それは重いから私を呼んでくださいね。みなさん箸より重いものなんて持ったことないでしょ~。昨日まで桐の箱に入れられて大切にされてきたでしょ~」と声をかける。「そうなのよ~。じゃあお願いするわね」と声を上げて笑いあうご利用者様方。

この優しさ溢れる言葉がけと、きめ細かいフォローがこのレクの最大の成功のカギとなっている。

そして支援とはこのような事なのだと、吹田さんを見ていて改めて気づかされた。図1

ビストロレク企画発案者               ビストロレク担当

吹田さん

 

 

このレクでは、包丁は通常のものを使用している。皆さん青いビニールの手袋を着用しているがこれについても議論は繰り返され、最終的に衛生面を優先した形となった。包丁についても同じく議論の対象となったが、家では安全な包丁など使ってはいなかったはずである。ということから通常の包丁を使う事となった。人生の大半の時間、幾度となく家族のために食事を作ってきたその時間を再現したい。そしてその再現こそが、重要なのではないかという、最終の決定となった。こういった施設職員の準備や気遣い、そして何とかしてデイサービスでの時間を充実したものにして差し上げたいという優しさがこのような時間を実現させているのである。731

出来上がった食事をご利用者様が必ず、ある男性職員へと運ぶ。彼に食べてもらう事。そして「美味しかった!」と言ってもらう事が次への意欲とつながる。これはご利用者様に限ったことではないと私は思う。だれであれ、作ったものを「美味しい」「ありがとう」と言われることは嬉しく、活力へと変わるのである。皆様のご厚意で私も出来上がった料理を頂いた。目分量でドボドボと調味料を入れていたとは思えない、とても美味しい食事であった。その美味しさに改めてご利用者様達の人生経験の深さに敬意を払いたいと思う。

最後に・・・このような料理レクはご利用者様の日々の生活を豊かにするのにとても有効である。料理が認知症の予防に良いことも多くの分野で実証されている。この日私がみた限り、包丁を持っても危険な場面に遭遇することは一切なかった。しかし、これは施設側と担当者の綿密な下準備や幾度となく行われた打ち合わせの元に成立しているものであることを伝えておきたいと思う。

社会福祉法人 八寿会 特別養護老人ホーム みどりの園 デイサービス              http://www.midorinosono.or.jp/

*****お知らせ*******************************************************************次回は同施設の、スタッフインタビューをお届け致します。 お楽しみに・・・・・           *******************************************************************************

無料介護求人サイト“すまいるワーク”
採用されると応援金が貰えるサイト!
URL→http://www.smile-work.net/

介護レク広場 →http://www.kaigo-rec.com/

介護レクFB →https://www.facebook.com/kaigorec

 

 

 

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中